プリントアウトカードゲーム [クロックワークメモリオン]

記事&イベント

戦略記事

注目カード徹底分析 – 予言の千里眼メルゼラス

神格化は基本早い方が有利だけど・・・

注目カードの徹底分析、第2弾!

今回はスターターデッキ紫を率いるルーラー、《メルゼラス》です。

メルゼラスは紫と青のサクセサーを召喚することができます。

神格化条件は「メモリーを3つ以上保有し、あなたのドロップゾーンにカードが4枚以上ある場合」であり、そのままでは少し厳しい神格化条件となっています。

しかし、スターターデッキには「カードを破棄する効果」を持ったサクセサーが多く、それらを活用すれば素早く神格化条件を満たすことができます。

◆オススメ①「魔界の眼」

「魔界の眼」「召喚された時、あなたは自身のデッキの一番上から各1枚選択しそれを破棄する」効果を持つ。

メルゼラスととても相性が良いサクセサーです。

コストもデメリットも軽いので、素早い神格化を目指すなら惜しまず召喚しましょう。

【補足】各○枚について
「[あなた]は自身の[手札/デッキの一番上]から各1枚を選択し~」は自身の戦外領域(2箇所)からそれぞれ1枚(合計2枚)を選択します。
「[あなた/相手]は自身の[手札/デッキの一番上]から各1枚を選択し~」はお互いが自身の戦外領域(2箇所)からそれぞれ1枚(合計2枚)を選択します。※あなたと相手で選択されるカードの合計は4枚。

◆オススメ②「死の王の騎士サーヴァント」

「死の王の騎士サーヴァント」「召喚された時、あなたは自身の手札から各1枚選択しそれを破棄する」効果を持つ。

ステータスが強力な分、少し強めのデメリットを持ったサクセサー。

【補足】選択について
・指定数が選択出来なければその効果を無視します。(例:サクセサーが1体しかいない状況でサクセサー2体を選択~)
・選択する対象が相手の手札やデッキの一番上など見えない場合、そのままの状態で選択します。
「相手の手札から各1枚を選択し~」はあなたが相手の手札から1枚を選択します。
「相手は自身の手札から各1枚を選択し~」は相手が自身の手札から1枚を選択します。

◆オススメ③「紫紺の剣の収魂鬼ギドゥ」

こちらはプレミアムボックスの特典カードですが、「死の王の騎士サーヴァント」に「カードドロー」が合わさったような効果を持っています。

これらのカードを上手く活用すれば神格化条件は早いターンで達成できるでしょう。

しかし、ドロップゾーンはサクセサーの破壊やフラッシュ、継承召喚時のメモリオンの非選択によっても蓄積されていくので特別何かをしなくとも戦いの最中に溜まっていきます。

【補足】継承召喚時のメモリオンの非選択について
サクセサーを召喚する時、既に別のサクセサーがいるゾーンに対して召喚することができます。
それを継承召喚といい、元いたサクセサー自体が持つメモリオン、それが継承しているメモリオン、それら全てを継承した状態で召喚できます。
※継承するカードは選ぶことができます。継承しないカードはドロップゾーンに送ります。

また、メルゼラスの神格化能力は十分に下準備を行った方が良い結果に結びつきやすく、神格化を急ぐあまり不十分な状態で行ってしまっても思った以上の効果を発揮しません。

メルゼラスの神格化能力を余すことなく活用しよう!

メルゼラスの神格化能力は「リアニメイト」です。

【補足】リアニメイトとは
ドロップゾーンからサクセサーを直接ゾーンに召喚すること。
メモリーの支払いは必要ない。

ギネスパウラのトークンと違い、ドロップゾーンのサクセサーを召喚するので自身のドロップゾーンの質によって効果は大きく左右されます。

ドロップゾーンに十分なサクセサーがいない時は、神格化条件を満たしていても少し待った方が良いかもしれません。

相手の神格化が早いと焦ってしまいがちなので破棄する効果を持ったサクセサーを上手く活用してドロップゾーンをコントロールしましょう。

メルゼラスの強化としては《+1》《デッキの一番上》《手札》などのメモリオンがオススメです。

  

《手札》であれば、ドロップゾーンと手札から合計(最大)2体を召喚することができるので、よりコンボを決めやすくなります。

《デッキの一番上》は少しギャンブル性が増しますが、ドロップゾーンに良い選択肢がない場合は賭けてみるのもありかもしれません。

これらをフラッシュできればドロップゾーンに良いカードがなくても、そこから無理に戦力外のサクセサーを引っ張ってくる必要がなくなります。

【補足】探すについて
「探し(探す)」と書いてある効果はその対象を実際に見て指定のカードを探すことができます。
対象が[デッキの一番上]であればデッキの一番上だけを見て探します。

スターターデッキ紫はフィニッシャーを中心としたコンボデッキなので、コンボパーツとなるサクセサーが多く収録されています。

上記で紹介した破棄する効果を持ったサクセサーたちがそれで、彼らだけだとどうしても戦力に欠けます。

本来、破棄する効果を力に変える「深遠の邪眼王アズヴァーン」「闇夜のホーンテッド・ウィズリィ」などがゾーンにいてこそ光るカードなので、破棄するタイミングは上手く見極めることが重要です。

 

また、メルゼラスは紫と青のサクセサーを召喚することができますが、能力のリアニメイトに色は関係ないので相手の予想を超えたサクセサーを忍ばしておくのもいいかもしれません。

破棄する効果をコンボに利用するか、神格化条件を満たすためだけに利用するか、欲を持ちすぎると後手に回ってしまうので、初期手札と相談して戦い方を変えていきましょう。

この記事をシェアする facebook

    ランキング

    まだデータがありません。