プリントアウトカードゲーム[クロックワークメモリオン]

用語集&注意点

新着ワード

メモリオンとは

全てのサクセサーが持つ記憶が宿る道具(正式名称:クロックワークメモリオン)であり、メモリオンカード、サクセサーカードに備わっている。

ジャンル分けされた1つのワードが入っている。

デッキとは

基本30枚で構築されたゲームに使用する山札。

パンゲア

とても巨大なこの世界の名前です。

人間、動物、幻獣、悪魔、天使と様々な生物が生息しています。

想起のルール

・手札から行う想起はお互いのルーラー/サクセサーに対して可能ですが、ストレージゾーンから行う想起はあなたのルーラー/サクセサーにのみ可能です。

・想起は記憶を対象とするのでその記憶のジャンルを持たないルーラー、サクセサーには行えません。

・記憶を書き換える時、そこに複数のワードが追加されている場合でも、その1つのワードに書き換わります。 ([威力][効力]は必ず合体します)

・記憶の書き換えが行えるのは想起のみであり継承ではできません。

・召喚されるサクセサーに対して行うことも可能です。

・お互いがこれ以上想起を行わない場合、能力は解決されます。

・想起の効果はそのターン終了後までです。

メモリオンのルール

・メモリオンのオーナーとは、自身、またはそれを継承している者を指します。
・オーナーが破壊された時、継承しているメモリオンもストレージゾーンへ送られます。
・能力などでメモリオンが破壊された場合、それはドロップゾーンへ送られます。
・ワードが追加され1つの記憶が2つ以上のワードになった時、その両方に対してそれ以降書かれてあることが起こります。
・メモリオンのオーナーがアクション状態になってもそれが継承しているメモリオンはスタンド状態のまま扱います。
・サクセサーが移動するとそれが継承しているメモリオンも付いていきます。
・記憶の追加により1つのことや複数のことが同時に行えない時、それを使用しているプレイヤー、 もしくは対象となっているプレイヤーが好きな方の記憶を選ぶことが出来ます。  例:カード1枚を[手札/デッキの一番上]に加える。
・継承可能な数や種類に制限はありません。(王のメモリオン除く)

ライフのルール

・0になったプレイヤーの敗北となります。

・初期ライフは2000です。

・ライフに上限はありません。

デッキのルール

・デッキは基本30枚で構成します。

・ルーラーカードは必須であり1枚までしか入れることが出来ません。

・同名のカードは3枚まで入れることが出来ます。

・デッキからカードが引けなくなったプレイヤーは敗北となります。

メモリオンってなーに?
メンバーズサイトへ