プリントアウトカードゲーム[クロックワークメモリオン]

用語集&注意点

新着ワード

公開とは

カードの能力で「1枚を選択しそれを公開する」などに用いる。

公開のルール

・カードが公開される時、それが置かれていたビヨンドからカードを一旦離し、全てのプレイヤーはカードの内容を確認します。
・公開後、それ以降に効果がない場合や行えない場合、そのカードは元々置かれていた場所(ビヨンド)に、置かれていた順番で元に戻します。
・指定されているビヨンドが[ストレージゾーン][ドロップゾーン]など既に公開されているビヨンドの場合でも公開は行われます。

サクセサー

継承者という意味であり、ルーラーにより認められた者。

レテに関する記憶や重要な記憶を継承され、使命を与えられる。

ルーラーの記憶が分け与えられるため、特別な力も得られる。

在籍する国の力によって通れる関所も多くなる。

ルーラー

各地を束ねる支配者であり、その称号。

大きな国を治める者から小さな群衆を束ねる者まで規模は様々である。

レテの風

定かではない昔、突如として世界中に吹き出した魔法の風。

風に触れた生物の強い記憶を奪い去っていく。

いくつかのことが明らかになっている。

・風には決まった通り道が存在する。

・風は不規則に吹いてくる。

・風はある島から発生し、世界を巡り、またその島へ吸い込まれて行く。

・魔法であるため、術者がそこにいる可能性。

クロックワークメモリオン発明後、レテの風が行き着く先にあるとされる世界最大の記憶レテの記憶を奪わんと世界中で大きな争いが行われている。

レテの記憶がある島に辿り着くためには、レテの風の通り道に沿って築き上げてきた世界中にある暴風壁の関所を回って行く必要がある。

クロックワークメモリオンに宿った記憶は奪われないが、生物の強い記憶は奪われる。

クロックワークメモリオン

通称:メモリオン

持ち主の強い記憶を宿す機械仕掛けのアイテム。

全てのサクセサーが持ち、そこに重要な記憶を宿している。

それに宿った記憶は他の者が持つメモリオンに継承することが出来る。

宿っている記憶の感情によって([青:ジョイ(喜)][緑:アンガー(怒)][紫:ペーソス(哀)][赤:ユーモア(楽)])と輝く色が変化する。

レテの風に対抗し作られ、宿っている記憶はレテの風によっても奪われない。

オーナーでなければ記憶を見ることが出来ないが記憶解放(想起)を行うことで宿った記憶を一時的に得ることが出来る。

想起を行うと宿った記憶は全て抹消される。

選択とは

カードの能力で「サクセサー1体を選択し~」「デッキの一番上から合計1枚を選択し~」などに用いる。

選択のルール

・「可能な限り選択し~」の場合、指定されている数より対象が少なくても出来る限りの数を選択する。

・「可能な限り選択し~」の記述がない場合、指定数が選択出来なければその効果を無視する。(例:サクセサーが1体しかいない状況でサクセサー2体を選択し~)

・選択する対象が相手の手札やデッキの一番上など見えない場合は、そのままの状態で選択する。

・「相手の手札から各1枚を選択し~」はあなたが相手の手札から1枚を選択する。

・「相手は自身の手札から各1枚を選択し~」は相手が自身の手札から1枚を選択する。

想起とは

手札にあるメモリオンカード、もしくはストレージゾーンにあるカードを使い、ゾーンにいるルーラー、サクセサーの能力内のワードに対して[ワードの追加][ワードの書き換え]を行う行為。

ライフとは

プレイヤーであるルーラーの生命。

メモリオンってなーに?
メンバーズサイトへ