プリントアウトカードゲーム[クロックワークメモリオン]

用語集&注意点

新着ワード

行動した時とは

メモリオンの記憶の1つ。以下のようなものがある。
[召喚された時][移動する時][破壊された時][アタックした時][ブロックした時][ブロックされた時][サクセサーにダメージを加えた時][ルーラーにダメージを加えた時]

行動した時のルール

・バトルフェイズ内での[行動した時]で解決される順番は以下になります。
 [アタックした時]⇒[ブロックした時]⇒[ブロックされた時]⇒[サクセサーにダメージを加えた時]⇒[ルーラーにダメージを加えた時]⇒[破壊された時]

±(プラスマイナス)とは

[±000][±0]や[+100][-100][+1][-1]など、能力の[威力][効力]の記憶に記載される[+-]を指す。

±(プラスマイナス)のルール

・数字の前に[+-]が付いた威力、効力は記憶の追加で+にも-にもなり、どちらでも効果があります。
・数字の前に[+-]が付いていない威力、効力はマイナスの数値には出来ません。

破壊とは

サクセサーの場合、[破壊]と書かれた能力やダメージなどでマインドが0となり、サクセサーゾーンからストレージゾーンへ送られることを意味する。
メモリオンの場合、[破壊]と書かれた能力でルーラーゾーン、サクセサーゾーンからドロップゾーンへ送られることを意味する。
召喚によりサクセサーゾーンからストレージゾーンへ送られる行為は破壊ではない。

破壊のルール

・サクセサーが破壊されるとそれはストレージゾーンへ送られます。
・メモリオンを継承しているサクセサーが破壊されると、それが継承しているメモリオンもストレージゾーンへ送られます。この場合のメモリオンは破壊ではありません。
・メモリオンが能力などで破壊された場合、それはドロップゾーンへ送られます。
・サクセサーが「破壊された時」はまだそのサクセサーゾーンにいます。したがってそれによる効果はそこで行われます。その後、ストレージゾーンへ送られます。
・サクセサーが「破壊された時」に行われるそれ自身へのステータス変化などは効果がありません。【例:破壊された時、これに+100のマインドを加える】

探すとは

カードの能力で「デッキからエルフを合計1枚まで探し~」などに用いる。

探すのルール

・指定されているビヨンドを見て指定されているカードを探します。
・指定されているビヨンドが[デッキの一番上]などであってもそこを見て指定されているカードを探すことになります。
・探した結果見つからなかった場合、その後の効果に従います。

見るとは

カードの能力で「1枚を選択しそれを見る」などに用いる。

見るのルール

・カードを見る場合、それが置かれていたビヨンドから一旦離し、指定のプレイヤーのみカードの内容を確認します。
・見た後、それ以降に効果がない場合、そのカードは元々置かれていた場所(ビヨンド)に、置かれていた順番で元に戻します。

メモリオンってなーに?
メンバーズサイトへ